bbクリームとccクリームの違いとは?どっちが先か順番も調査

bbクリームとccクリームがファンデーションの一種と知っていても、細かい違いまでご存知でしょうか?

bbクリームが進化したのがccクリーム?両方つけるのか、どっちか先に使うのか、ファンデーションと何が違うのか判らず手を出していない方も多いようです。

そこでbbクリームとccクリームの違いや、どっちを先に使うのか順番も調査しました。

bbクリームとccクリーム、ファンデーションにはそれぞれ特性と違いがあるため、肌の状態と求めてる肌の質感によって使い分けるのが良いみたいですね。

 

bbクリームとccクリームの違い

それぞれカバー力とクリームの効果・目的がそもそも違いますので、長所短所があります。先に各々の特徴を解説しますね。

bbクリーム

bbクリームは韓国の美容医療の現場にて肌の保護や傷を隠すのに使用されていたBlemish(傷)Balm(鎮静、保護)という意味のクリームでした。

その医療目的で使われていたクリームに美容効果を持たせて、一般に流通したのが現在のbbクリームです。

  • 美容液
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラ
  • 日焼け止め

といった複数の機能を併せ持ちます。

さらにbbクリームは美容成分を含むため、化粧下地が不要ですぐに肌に乗せることができます。

通常、化粧下地→コンシーラーの順番にメイクをしていきますが、bbクリームはその順番を省略できるのです。その手軽さが日本でも受け入れられて、ファンーションと並ぶベースメイク化粧品となりました。

元々医療用としてカバー力を求められていたこと、韓国が乾燥する地域なことから油分が多く重い感触のクリームになります。

そのためカバー力はあるものの伸びが悪くマットな仕上がりになります。

長所
  • カバー力がある。
  • マットに仕上がる。
  • 時短メイクに丁度よい。
短所
  • カバー力がある為、重ね付けすると厚塗りになる。
  • ベタつきがあり、伸びが悪くムラができやすい。
  • 色展開が少ない。

仕上げにはツヤ感の出るラメ入りのパウダーの使用や、シェーディングで立体感を出したり、華やかなチークを入れるなど、のっぺりとした印象にならない工夫が必要です。

ccクリーム

ccクリームの「cc」は、メーカーによって「Color Control」「Complete Corection」「Care Control」といった様々な意味があります。

ようは肌色の補正や、毛穴、シワを目立たなくして透明感のある肌を作るクリームになります。

  • 美容効果
  • 化粧下地
  • 日焼け止め
  • コントロールカラー

といった複数の機能を併せ持ちます。

カバー力が弱いためファンデーションとしてではなく、化粧下地としての役割が大きいといえますね。

  • 薄化粧が好きな方
  • 重いテクスチャーが苦手な方
  • 肌の欠点が少ない方
  • 肌が敏感な方

といった場合に「ccクリーム+パウダー」でナチュラルメイクをする使い方が多いようです。

長所
  • ナチュラルに仕上がる。
  • 透明感のある明るい肌にしたい。
  • 美容効果が高い。
短所
  • カバー力がない。
  • 色数が少ない。

肌色を補正し毛穴や小じわを目立たなくさせて、素肌っぽい仕上がりになるのがccクリーム。美容成分もたっぷり配合されており乾燥しがちな肌にもおすすめです。

 

bbクリームとccクリームの使い分け

bbクリームは肌の欠点を隠して綺麗に見せることに特化し、ccクリームは美容効果をもたせながら、光の反射で肌の欠点をカモフラージュさせることに特化しています。

「隠す」目的に対してbbクリームは「物理的に」、ccクリームは「錯覚で」アプローチしています。

そのため肌の仕上がりに違いがでてきますので、メイクをするシチュエーションで使い分けると良いでしょう。

bbクリーム
  • 結婚式
  • パーティ
  • デート
  • ビジネスなど
ccクリーム
  • 友達と遊びにいくとき
  • 近所で買い物
  • 知り合いに合わない時のお出かけなど

しっかりとしたメイクを必要とする場合はbb クリーム、素顔に近い肌でも大丈夫なときにccクリームの使用がおすすめです。

 

どっちを先につかうの?

bbクリームはファンデーション代わりに、ccクリームは下地代わりとして適しています。ですので、どっちを先に使うかといえば、ccクリームが先になります。

通常は

ccクリーム+パウダー
bbクリーム+パウダー

どちらかの順番ですが、ccクリームとbbクリームを両方使うのもおすすめです。

先にccクリームで肌の欠点を整え、後からbbクリームを使いカバー力を出します。自然で素肌っぽい綺麗な肌を作ることができるでしょう

ただし、今はbbクリームと同等のカバー力のあるccクリームがあったり、bbクリームとccクリームの境目が曖昧になってきているのが現状です。

メーカーによっても肌の仕上がりに差がありますので、先にテスターでしっかり試してみてくださいね。

 

bbクリームとファンデーションの違い

さて、bbクリームとccクリームは、肌の欠点をカバーする方法に違いがありましたね。

では、今まで普通に使ってきたファンデーションとbbクリームで何か違いはあるのでしょうか。

2つの違いとしては、bbクリームに欠点を隠す以外の効果(化粧下地、肌補正、コンシーラー等)があるのに対して、ファンデーションは「肌の欠点を隠すこと」しかないことです。

ファンデーションとの違い①

ファンデーションで綺麗な肌を目指すなら、化粧下地やコンシーラー、コントロールカラーといった別の工程で顔色補正やシミや毛穴などのカバーをする必要があります。

しかし、bbクリームはそれらの効果をすべて備えているため、化粧水などで肌を整えた後すぐにbbクリームを使ってメイクが完了します。

ファンデーションのように化粧水で肌を整える→化粧下地、コンシーラーといった順番を省略できるのです。

つまり、ファンデーションはベースメイクが完了するまでの工程が多く、bbクリームは時短メイクできる点が違いますね。

ファンデーションとの違い②

次に、bbクリームとファンデーションのカバー力の差ですね。

<カバー力の順番>
ファンデーション>bbクリーム>ccクリーム

カバー力の差は上記のとおりです。bbクリームはccクリームよりカバー力がありますが、さらにカバー力があるのはファンデーションとなります。

10代20代のまだ肌トラブルの少ない肌にはbbクリームで充分ですが、年齢を重ねてきた肌にはbbクリームのカバー力では物足りないでしょう。

ただ、bbクリームとccクリームの差が曖昧になってきてると先程述べたように、ファンデーションとbbクリームの差も曖昧になってきています。

ファンデーション並のカバー力がありながら、クリームが重くなく伸ばしやすいbbクリームもあります。メーカーによって差がありますので、自分の望むカバー力なのか購入前にテスターでじっくり試してみましょう。

 

bbクリームとccクリーム違いまとめ

bbクリームとccクリームは、肌を綺麗にみせるアプローチ方法に違いがありましたね。

bbクリームは肌の欠点を物理的に隠すこと、ccクリームは肌の欠点を錯覚で隠す特徴がありました。

ccクリームは下地的要素が強いため、先に使うのはどっちというとccクリームです。順番としては先に肌を化粧水などで整えてccクリームを使う流れになります。

最後にbbクリーム、ccクリーム、ファンデーションのカバー力の差を表にまとめてみました。

<カバー力の順番>

1 ccクリーム
2 ccクリーム+パウダー
3 bbクリーム
4 bbクリーム+パウダー
5 bbクリーム+ccクリーム
6 ファンデーション
7 bbクリーム+ファンデーション

1のccクリームが1番素肌っぽい仕上がりになり、7のbbクリーム+ファンデーションがよりカバー力のある仕上がりになります。

ただ、bbクリーム+ファンデーションは相当な厚塗りに見えますので、厚塗りが好きという方、舞台や発表会で光が当たる場所など、特別な環境下での使用をおすすめします。

bbクリーム、ccクリーム、ファンデーションをシチュエーションで上手に使わけてみてくださいね。

以上、bbクリームとccクリームの違いとは?どっちが先か順番も調査でした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルバイトとパートの違いを解説!学生や主婦と扶養との関係がある?

カフェオレとカフェモカとカフェラテとカプチーノの違いまとめ

ANAの空席待ちと満席の違いは?キャンセルが出る確率も調査

ANAの空席待ちを予約して取れなかった場合の対処法を紹介

厚生年金と国民年金の違いとは?手帳の色や番号についても解説

戸籍謄本と戸籍抄本の違いとは?婚姻届やパスポートに必要な知識