草生えるとはどんな意味?使い方や草不可避との違いも紹介

「草生える」や「草不可避」なんて言葉をご存知でしょうか?

インターネット上のブログやSNS、YouTubeで「草生える」「草不可避」が多く使われていますが、意味や使い方を知らずにいるとそのネタの面白さが半減しているかも…。

今では「w」など広く世間に浸透している言葉で使い勝手が良いものです。

ぜひこの機会に意味と使い方を覚えてみませんか?

ということで、「草生える」や「草不可避」の意味の違いについても解説します!

 

草生えるの意味と使い方

まず覚えておくべきことはネット上でよく見かけ、語尾に着くことが多い「w」

「w」は(笑)をローマ時にした「warai」の頭文字を表しており、そのまま笑うような場面で「w」を使います。

そして本題の「草生える」

「草生える」の読み方は「くさはえる」

「草」とは上で説明した「w」のことを指します。

そして、「www」といった連続して使われている文章のその状態を「草が生える」と表現し、「大爆笑」の意味で広く使われています。

草にはいろんな由来があるようですが、wが草…に見えるでしょう?

 

wができあがる流れ

もともと自分の文章に(笑)をつけて笑っているという意味を持たせる文化がインターネット上にありました。

のちに(笑)が「w」に移り変わり、さらに近年になって「w」を草に見立ててそのまま「草」を使うようになっていきました。

面白すぎw
面白すぎて草

この2つが同じ意味の使い方です。

もちろん

面白すぎwwwwwwwwww
面白すぎて草生える

これら2つも同じ意味です。「w」1個よりもかなり大爆笑をしている使い方になります。

人によっては「草生えるwww」のようにwと併せて使いますが、wの連続使用を省略するために「草生える」という言葉が生まれたため、本来は正しくない表現のようですね。

ちなみに

「wwwwwwwww」を多用して、文章がwだらけの状態を「大草原だいそうげん」と呼んだりもします。

とくにニコニコ動画をYouTubeにアップした動画では、wの連発で画面がうまってまさに大草原を実感できますよ。

また、草生えるだけではなく最近では「草不可避」なんて言葉も使われます。

 

草生えると草不可避との違いは?

草不可避は「くさふかひ」と読みます。

草不可避と草生えるとの違いは、不可避が「草を避けようがない」という意味で「面白すぎて笑いを堪えられない」状況で使用されます。

「w」や「笑」を使っても「面白い」ことが伝わりますが、それ以上の笑いのことで、伝えたいニュアンスが異なるため分けて使用されているのです。

ただ草不可避の使い方もきっちり決まっているわけではありません。

伝えたい面白い事柄をどのように受け止めたかで、個人の判断で使い分けているようですね。

例えば、ある動画をみて「この動画面白かった~~!!」と満足した場合

「この動画面白くて草生える」と表現したり、「この動画面白すぎて吹いたわ~」と興奮が高まった場合「この動画草不可避」とおすすめしたり…

草不可避の意味は草生える以上の面白いという意味で使われますが、個人の裁量が大きいようです。。。

 

(笑)や「w」でも違いがある

「草生える」や「草不可避」で微妙なニュアンスの違いがあるように、(笑)と「w」の言葉にも使い方に違いがあります。

またこれも人によって使い分けが変わりますので一例ですが…。

(笑):フフッと笑顔に笑っている状況
w:自分がウケている状況

として使い分けが多いようです。

例えば

「そうだね(笑)」と「そうだねwww」

この2つでは、

「そうだね(笑)」は同意の笑顔
「そうだねwww」は同意しつつ笑いが込み上げているニュアンス

となっています。

元々は文章のなかで(笑)と「w」を混在させて使う人は少なかったのですが、今はこのようにニュアンスを変えて使っている場合が多いです。

些細な笑いの場合は「w」を1個だけ使う場合が多い。

また(笑)と「w」は文章が硬いか柔らかいかの違いも受けますので、ケースバイケースですね。

 

おわりに

「草生える」や「草不可避」の意味や違い、使い方について解説しました。

草生えるも草不可避も「面白い」ことを伝える手段として、形を変えながら広まっていったネットスラング(俗語)になります。

ネットではよく使われるので日常でもLINEやツイッターなどで使いたくなる言葉です。

が、Twitterやインターネットをよく使わない友人に「w」や「草生える」「草不可避」は使わないほうが無難でしょう

場合によっては相手に引かれる恐れもあります。

特に「w」が嫌いというネットユーザーも多くいますので、相手が普段のどのような表現を使っているか見極めてから(笑)と「w」を使い分けると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です