dopeの意味と使い方を紹介!インスタで見かけるスラングを解説

みなさんは「dope(ドープ)」という言葉を知っていますか?

特にHIPHOP界隈で使われる言葉だそうで、最近ではインスタグラムの投稿でもよく目にする機会があります。

今まで見たことも聞いたこともない言葉なら、ますます「dope(ドープ)」の意味が気になりますよね・・・

そこでこの記事では、最近はインスタグラムでよく見かける言葉「ドープ」の意味や使い方などをご紹介していきます。

 

dope(ドープ)の意味

まずはdope(ドープ)のインスタグラムなどで使われる意味からですが、実は意外とわかりにくい意味があり

「最高」「格好良い」という意味
「バカ」「愚か」という意味

このように相反する2つの意味を持つ英語のスラングなのです。

日本語の「ヤバい」に近いニュアンスだと考えるとイメージしやすいかもしれませんね。

日本語でも「あのひとマジヤバい」と言った場合、どっちの意味にも取れるかと思います。

そんな雰囲気で使われるのがdope(ドープ)という言葉だと掴んでおくとわかりやすいのではないでしょうか。

後ほど紹介しますが、もともとの意味は『麻薬』でした。

この『麻薬』という意味からどうして『かっこいい」「おろか」の2つの意味になったのか、続いてdope(ドープ)の語源を調査してみました。

 

ドープの語源

先ほど紹介しましたが、「ドープ(dope)」の本来の意味は『麻薬』

いつの間にか「ドラッグのように虜になるほどカッコいい」

といった意味で使われているようになり、そこから転じて、カッコいい、超クールといった意味で使われるようになったのだとか。

音楽の世界で、特にHIPHOPの世界で使われる事が多い言葉です。

ちなみに、名詞のa dopeというスラングもあり、これは「バカ」という意味になります。

He’s such a dope.
彼って本当にバカだよね。

これは「麻薬」をネガティブにとらえて、生まれたスラングです。

ちなみに、白雪姫に出てくる七人のこびとの中の「おとぼけ」は、英語でdopeyという名前ですが、a dopeが語源。

では続いてdope(ドープ)の使い方についてです。

 

ドープの使い方

映画などを見ていると、アメリカの高校生男子が相手の持ってる物などを褒めるときにdopeとよく使っています。

このときは羨ましい、自分もほしいなどというニュアンスがあります。

それではさっそくドープの使い方を見ていきましょう。

Wow, that car is dope!
おぉ、その車最高だな!

That’s a dope jacket, man.
お前そのジャケット超かっけーじゃん。

海外のdopeの使い方事例

海外の方のツイッターを覗いてみると、「dope」がたくさんつかわれています。

その一部をご紹介しますね。


◆「カッコいい(dope)ランプをイケアでご購入したぜ」


◆「Maroon 5のライブは、めっちゃ最高(dope)だったと言うしかないぜ」


◆「Metallicaの新曲、マジめっちゃ最高(dope)だ」

このように、現在はHIPHOP界隈以外でも物や人を褒めるときに使われているようです。

 

インスタでの使い方

今流行りのインスタグラムですが、そこでも「dope(ドープ)」がたくさん使われています。

まずはどういう風に使われているのかご紹介します。

このように、自分が投稿した写真に対して「#dope」というハッシュタグをつけたり、みんなが投稿した写真に対して「dope pic」みたいなコメントをしたりしています。

「dope pic」は、「ヤバイ、最高の写真だね」ってニュアンスです。

インスタグラムで「#dope」を検索すると、現時点(2018年4月)で2500万件以上の投稿がありました。

それほどまでにインスタグラム(特に海外)ではdope(ドープ)浸透している言葉でした。

 

もう一つのdopeの使い方

「dope」は動詞としても使われます。

dopeを動詞にしたら「・・・に麻薬を飲ませる」という意味になりますね。

「dope up」も同じ意味です。

受け身にして「be doped up」とすると、「(麻薬のせいで)ぼーっとしている」という意味に。

「dopey」という形容詞も「(麻薬・アルコールで)ぼーっとしてる」というになります。

以上を踏まえて、例文をご紹介します。

They got arrested for doping racehorses.
彼らは競走馬をドーピングして逮捕された。

He was totally doped up.
彼は完全にラリっていた。

dopeの使い方は注意しないと変な意味に捉えられる可能性があるのでお気をつけてくださいね。

 

まとめ

以上、ドープ(dope)の意味や使い方のご紹介でした。

ドープは「最高」「カッコイイ」という使われ方をされており、以前はHIPHOP界隈をメインに使われていた言葉。

ですが今ではドープという言葉がインスタなど含めて一般的にも使われています。

日本ではまだ使っている人は少ないイメージですが、「ドープ(dope)」はこれから日本でも使われる言葉になるかもしれませんね。

dopeが使いやすいって感じたら今日から積極的に使っていくのもいいかも♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

特別出演や友情出演やカメオ出演の意味とは?ギャラが出るかも調査

老兵は死なずにただ消え去るのみの意味とは?ことわざを解説

ミーハーの意味と由来を解説!反対の言葉や使い方も紹介

「代表取締役」と「代表取締役社長」の違いと使い分けを紹介

アイデンティティの意味をわかりやすく解説!使い方と例文も紹介

ブルーレイとDVDの違いを解説!見た目と画質の比較を画像つきで