高校生のアルバイトの時間は早朝何時から夜何時まで大丈夫か調査

これからアルバイトを始めようと考えている高校生の方は、何を基準にアルバイトを探しますか?

仕事の内容はもちろん、学生である以上働く時間はアルバイトする上でとても重要ですよね。

「時給が高いから夜間(もしくは朝方)に働きたいな」

と思っている高校生も多いようです。

しかし、実は高校生はどんな時間でも働けるという訳ではありません。

そこで、この記事では高校生がアルバイトをする場合、早朝は何時からOKで深夜は何時までOKなのかをまとめていきます。

高校生のアルバイトが禁止されてる時間

アルバイトするなら何時からでも、何時間アルバイトやろうとも関係ないんじゃないの?

と思っている方も多いのですが、実は高校生が働けるアルバイトの時間は法律で決まっているのです。

法律では以下のように高校生が働く事が出来ない時間が決まっています。

[18歳未満の者を午後10時から午前5時までの深夜の時間に働かせてはならない〕
(労働基準法61条より)

ですから法律上では夜10時〜朝5時までは高校生はアルバイト禁止なのです。

逆に、高校生が働ける時間は午前5時以降午後10時までとなります。

また、校則で「午後8時まで」などと定めている高校も多いみたいですので、校則に関しては各自で確認してください。

それと、法則では18歳未満となっているので18歳は上の条件には当てはまらないため、どうなのかと思い調べてみたところ法律上は働いても問題無いとされていました。

ただ、こちらも学校で禁止されているケースがあるので確認してからにしましょう。

高校生が深夜でも働ける例外

先ほど18歳未満は午後10時から午前5時まで働けないと説明しましたが、一部例外があります。

〔厚生労働大臣が必要と認めた場合、地域、期間を限って午後11時から午前6時までを深夜時間とする〕
(労働基準法61条より)

このような法律があるのです。

つまり地域によって、また一時期だけ1時間ずつずれた時間帯を深夜としている場合があります。

といっても、「必要と認めた場合」に関しては災害時などのときのようです。

あとは、農林水産業、畜産・養蚕業、保健衛生業、電話交換の場合も例外になるようでした。

農家などで牛や馬の世話をするなどが当てはまることがあるようですね。

他にも

〔一定期日同じ労働者が交替制勤務する場合、行政官庁の許可を受けて満16歳以上の男子には例外が認められる〕
 (労働基準法61条より)

つまり交代制を取り入れている所では例外的に高校生のアルバイトでも夜の遅い時間まで、もしくは早朝から働く事ができます。

ただし男女で違ってくるので、何時から何時まで働けるのかを下記にまとめました。

〈高校生男子の場合〉

満16歳以上(15歳以下は不可)

通常の深夜時間の場合、午前5時から午後10時30分までの勤務が可能
例外の深夜時間の場合、午前5時30分から午後11時までの勤務が可能

というように交替制勤務では、通常の時間で30分遅くまで、例外の時間で30分早くから働く事が出来ます。

〈高校生女子の場合〉

18歳未満は全て

通常の深夜時間の場合、午前5時から午後10時までの勤務が可能
例外の深夜時間の場合、午前6時から午後11時までの勤務が可能

交替制勤務でも、18歳未満の女子は深夜時間勤務する事は法律上出来ません。

高校生のアルバイトで深夜から早朝にかけて例外はありましたが、例外に当てはまるのは非常に難しいような印象があります。

 

高校生でも早朝で働けるお店

高校生のアルバイトできる時間帯は決まっているけど、やっぱり稼ぎたいと思われる方も多いと思います。

その場合は

アルバイト代が高いお店で働く
早朝の時間を使って学校に行く前に働く

のどちらかになるでしょう。

アルバイト代の高いお店で働きたい場合は、下記にアルバイト代が高い仕事をまとめましたので参考にしてみてください。

辞書でアルバイトという言葉を引くと"本業や学業のかたわら、収入を得るための仕事をすること"と書かれています。 高校生や大学生でも、アルバイ...

早起きが得意でガッツのある高校生は朝学校に行く前の時間を有効活用してアルバイトしてみるのもありですね。

法律では基本午前5時からの勤務になりますので、5時から最高働けて8時頃までという事になるかと思います。

いくつか働ける可能性のある所をご紹介します。

<高校生の早朝アルバイトができる仕事>

・ファーストフード店(マクドナルド、ガスト、なか卯 等)
・コンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン 等)
・新聞配達
・倉庫内仕分け(ヤマト運輸 等)

ただし、ほとんどのところが1日の勤務時間が3時間以上という条件で募集しており、通学時間を考えると難しい場合も多いでしょう。

唯一、新聞配達は時間で縛られていないケースが多いので可能性がありますが。

ただ新聞配達は実際午前2時、3時には出社して5時半くらいには配り終わるという所が多いようです。

そうなると、5時からしか出勤出来ない高校生は朝の配達に採用出来ない所もあります。

早朝アルバイトでもらえる給料予想

では、大変なことの多い高校生の早朝アルバイトですが、1ヶ月でどのくらいの給料が貰えるのか考えてみます。

早朝勤務は50円から200円ほど昼間の勤務よりも時給が高い場合が多いのです。

ただし高校生は早朝割増はなく、一律という所もあります。

最低賃金をベースに考えてみると、

平成28年度10月の全国平均最低賃金が823円ですので、これにプラス50円で計算してみます。

873円×3時間=2619円/1日 週4日勤務の場合月16日勤務として、
2619円×16日=1ヶ月41904円

高く見積もってという感じですので、だいたい3万円前後には落ち着くかなと思われます。

 

まとめ

以上、高校生のアルバイトができる時間帯についてでした。

夜は10時まで、早朝は5時からが原則として高校生でも働けるアルバイト時間になります。

ただ、18歳未満の法律ですので18歳であれば法律上は時間は適用されません。

ですが、校則でアルバイトの時間帯が決まっている高校も多いので、必ず確認してからアルバイトをするようにしたほうがいいですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

友だちの作り方とコツを紹介!人見知りやコミュ障ならではの方法

高級な電子レンジ情報まとめ!普通との違いや人気・おすすめも紹介

捺印と押印の違いと意味を調査!ビジネスで敬語として使うときは?

ぬいぐるみの自宅での洗濯方法まとめ!失敗例とおすすめ洗剤も紹介

高校生と大学生のアルバイトで稼ぐ平均金額と高い仕事ランキング

「さけ」と「シャケ」と「サーモン」の違いと使い分け方を紹介